残暑の夕方、荒川江北橋黒鯛狙い2時間ちょっとのチヌ釣り

残暑の夕方、荒川江北橋黒鯛狙い2時間ちょっとのチヌ釣り

8月もあと少しという残暑の夕方に2時間ほどの空き時間が出来たので「近場でチヌでも!」と思い荒川の江北橋の下に行ってきました。

 

荒川江北橋下でチヌ釣り画像

 

江北橋といえば、河口から17kmも遡上した地点ですので黒鯛いるの?」なんて思う方がいらっしゃるかもしれませんが居なくはないんです。
(釣れるとは言ってない…)

 

とりあえずそこら辺にいるカニを捕まえよう

荒川江北橋下でのクロダイ仕掛け画像

 

という事でやってきましたいつもの荒川。

 

昼間の気温が35℃とかいう半端ない暑さを避けて、現地到着は16時ごろと少し涼しくなってきたころ合い

 

それでも、30℃近い気温なので基本的には橋の日陰になっているところでやっていく所存です。

 

現地入りしたところでまずは仕掛け作りですが、作る仕掛けはリーダーに直で針結んでガン玉打つだけ

 

  • 針…チヌ1号
  • ガン玉…2Bを針直上位に一個

 

という落とし込み釣りなんかでもよく使われるシンプル仕掛けを組んでおきます。

 

仕掛けが出来上がったら餌付けて放り込むだけなんですが、そのエサを現地調達していきます。

 

荒川江北橋下でのカニたち画像

 

エサになるのは河原にわんさかいるカニたち。

 

簡単に手掴みで捕まえることが出来るのでちょうどよさそうなサイズを捕まえてお尻のあたりに針を通して完成です。

 

いざ尋常に勝負。

 

 

沖のヘチに投げ込んでゆっくり引いてくるだけの簡単な釣り

荒川江北橋下でのクロダイ釣るよ!画像

 

仕掛けも完成して餌のカニも捕獲し付け終えたら後は釣るだけです。

 

遡上してきているであろう夏クロダイさんたちは、餌となるカニなどを求めて岸壁沿いなどにたむろしていることが多いので橋脚周りや岸辺の駆け上がりなど黒鯛が居そうなところにカニを投げ込みます

 

蟹を投げ込んだら後は底につくまで軽くテンションかけつつ落としていき、底についたらそこにつかず離れずくらいの距離を保ちつつ引き上げていく。

 

そんな方法で誘っていき、どんどん動きながら打っていきます。

 

 

2時間経過しても反応は得られず猫と遊ぶ。

荒川江北橋下の三毛猫画像

 

開始から2時間ほど。

 

今日はホゲ太氏の本領発揮。

 

アタリは0回で完全坊主。
ホゲました。

 

まぁ、もっと河口のほうが確立も上がるし釣れやすいですから仕方ないです。
(すいません、言い訳です自分が下手なだけです(´;ω;`))

 

魚とのコミュニケーションを取れなかった私はそのまま近くでうとうとしていた三毛猫等々とこミニケーションをちょっとだけ取って帰路につくのでした。

 

今度は魚の写真をちゃんとUP出来る記事を書きたいな〜
(´・ω・`)

 

関連情報