中川で人生初シーバスとの御対面に同行した11月の中旬釣行

中川で人生初シーバスとの御対面に同行した11月の中旬釣行

どうも、当ブログ運営者ホゲ太ボーズです。
今回は、最近シーバスフィッシングに目覚めた(無理やりやらせ始めた)私の友人が人生初のルアーシーバスをGET出来た場面に同行できた貴重な釣行となりました。
友人の人生初シーバス画像

 

場所は、中川
仕事が早めに終わりそうだったので、自分から「今夜短時間シーバスでもどう?」ってな感じで誘ったところから始まります。

 

 

誘った時にはすでに若洲でシーバスを求めていた友人

シーバス画像

 

日も暮れようとしている16時頃。
久しぶりに仕事が早めに上がれそうな感じだったので最近シーバスフィッシングに誘い込んだ中学以来の友人に「今夜短時間シーバスでもどう?」とライン。

 

すると少したってから返信があり「ちょうど今、若洲でやってるところ」とのこと。

 

この友人、ブラックバスを中心に様々な釣りをするくせに東京に住みながらシーバスをやっていないという輩でしたので最近私ホゲ太氏が口八丁手八丁でシーバスロッドを購入させこっちの世界に引き入れようと画策中の人物。

 

「しめしめ、ようやくこちらの世界に足を踏み入れ始めたか( ̄▽ ̄)」

 

等と思いつつ

 

「仕事が終わるまであとちょっとかかる。」

 

と返信したところ

 

「若洲微妙だから一度そっちに行く」

 

とのことで、仕事が終わり準備をしたところで合流となりました。

 

 

下げ7分の時点からの場所決めで中川に行くことに

流れのはやい中川画像

 

さて、合流し若洲での状況を聞くと

 

  • ベイトはサッパ
  • 水はクリア
  • 周りもだれも釣れていない

 

とのことで、サビキなどの餌釣りをしている人にも魚は釣れている様子はなくシーバスの雰囲気は全くなかったとのこと。

 

ただ、ベイトはサッパが居たことは確認できたとのことでした。

 

最近の状況などを調べてみても港湾部や運河タイでの釣果はあまりよくない様子だったので、それならば少しでも流れがあり常時濁りも入っている河川はどうかと提案したところ取り合えず荒川方面に行ってみようという事になりいざ出陣。

 

なんだかんだで結局、中川の橋下明暗部に入ることとなりました。

 

現地の到着すると、下げ7分というのに流れはしっかり効くいおりベイトの姿もそこそこ確認できる好条件。
(ベイトはたぶんイナッコだったと思います。未確認ですが。)

 

早速、明暗部にルアーを流し込みたいところでしたがそこはまだシーバスを釣ったことがない友人に場所を譲り、私ホゲ太は下流側の橋脚の寄れにピン打ちをして遊ぶことにしました。

 

流れのきいた橋脚の下流部の寄れに対してレンジバイブをピン打ちして遊んでいるながら「釣れねーなー」なんて考えていた刹那、上流部から

 

「バシャバシャバシャッ!!」

 

と、シーバスがエラアライする音が!

 

もしやと思い、そこでルアーを投げていた友人のほうに目をやると

 

 

竿が曲がってる!!!!

 

 

急いで駆け寄り、玉網をスタンバイしているもう一人の同行者をも守ると非常に危なっかしい玉入れで上がってきたのは何とも極太の60弱の綺麗な秋シーバスでした。

 

友人の人生初シーバス03画像

 

「ドンッって感じで喰ってきた!」

 

と、興奮気味に話しながら人生初のシーバスを釣り上げたうれしさをかみしめている様子の友人。

 

シーバスアングラーならこの時の嬉しさがどれほどなのかよくわかると思いますが、私自身友人が釣ってくれて本当にうれしい持ちになれた非常に貴重な一本となりました。

 

人生初シーバスとの撮影会を終え、少し初めての甦生に手間取ったものの無事元気にリリースを終えて満足の一服タイム&場所休ませタイムに入ったのち友人が場所を譲ってくれ同じように明暗を攻めたホゲ太氏はショートバイト2という苦行を体験するのでした(;^ω^)

 

 

HITルアーと釣れた状況を再確認します

セットアッパー97sレーザーライムチャートコノシロ画像

 

HITルアーはセットアッパー97Sレーザーライムチャートコノシロカラー

 

 

秋シーバスの定番ルアーでありめっちゃ釣れるルアーでもあるので友人にお勧めしていたこれをこっそり買っていたようで、この日初投入して人生初のシーバスをゲットしたそうな。

 

おそらく一生忘れることが出来ないルアーになったことでしょう。

 

釣れたのは橋脚の明暗部で、下の図のように明暗の釣りのお手本のようなやり方を忠実に守って釣れたそうです。
やはり基本は大事。

 

今回のバイトパターンの図画像

 

  • 少しアップ気味に投げる
  • 流れに乗せて明暗部ギリを通していく
  • 暗いところにいるシーバスがバイト

 

友人曰く、YouTubeなどで勉強してたからできたといっていましたがブラックバスをやっていたせいもあり正確なキャストやルアーの操作法なども熟知していたのも大きいでしょうね。

 

その後雰囲気はむんむんしていたものの、追加のシーバスは出せず「腹が減った」とのことでみんなでラーメンを食べに食事休憩。

 

 

休憩後潮見方面のベイト調査を兼ねてちょいと移動

ルアーと竿画像

 

ラーメン休憩の後、もうちょっと釣りたいという事で短時間のはずでしたが移動して潮見方面へ。

 

潮見方面の運河帯はこのところの冷え込みもあってか澄潮のドクリアが継続中。

 

正直全然釣れる気がしませんでしたが、ベイトのほうはというと水面が辺り一面波紋だらけになるほど大群が押し寄せていたので

 

「もしかしたら今日は行けるかも」

 

と期待を抱かせるような状況。

 

とは言うものの相性なのか、前回の1ショートバイトだけの時もそうでしたがなんだか釣れそうで釣れないのがこの潮見方面とホゲ太氏との関係性。

 

ぶっちゃけ飽きてきてしまい、もう帰ろうかと離れた場所で竿を振っていた友人のところに近寄ると何やら手に小魚が。

 

ルアーにかかるサッパ画像

 

なんと今度は「ミニカリ」を使用してセイゴを狙っていたところ、ベイトであるサッパを釣り上げてしまったとのこと。
(今見返すと、小さいコノシロに見えなくもない…。ちゃんと見とけばよかった(´;ω;`))

 

しかもちゃんと食ってきてる。

 

これでわんさかいる目の前のベイトが何なのかは判明しましたが、どうにもこうにも追われている感じはない。

 

粘れば時合がきて爆釣を堪能できるかもしれない状況下ではありましたが、気が付けばお時間午前の2時

 

次の日の仕事のことも考え後ろ髪惹かれる思いで帰路につきました。

 

11月も深まってきて水温も低下し始めたようですが、今年はそもそもの水温が高いこともあってか意外と長い期間秋シーバスを堪能できるかもしれませんね。