横浜根岸港で憂さ晴らしの五目釣り夜釣りでキビレとメバル

横浜根岸港で憂さ晴らしの五目釣り夜釣りでキビレとメバル

横浜にある今は漁港としての機能はなくなってしまった根岸港

 

夜の根岸港画像

 

近くのコンビニで24時間青イソメやちょっとした釣り具なら手に入るお手軽釣行にうってつけのコチラで憂さ晴らしの5目釣りに出陣。

 

 

時は魚ぼること1週間、三浦での屈辱。

三浦の生シラス丼画像

 

さてさて、今回は憂さ晴らしの根岸港釣行となったのですがいったい何の憂さ晴らしなのかというと1週間ほど前に行った三浦での釣行で完全坊主を喰らった時にたまったうっぷんを晴らしてしまおうという魂胆です。

 

秋雨前線の影響を受けて、1日中雨天だというのに「先週から計画してたから行こうよ♪」という釣りバカ友人との久々釣行。

 

先週から予定していたとか関係なく台風でもこなけりゃ絶対釣り行くだろうがお前は!

 

等と思いつつも、朝もはよから日の出前に家を出て8時間ぶっ通しでルアーを投げ続けるものの届きそうで届かない遠くで元気にイワシが海中の青物と空のカモメやウミネコに喰われ続けるナブラを眺めなければならない苦行

 

観光がてらに食った生シラス丼が美味かったこと以外は修行以外の何物でもない時間を過ごしたことで溜まったうっぷんを晴らしに根岸港に行ってきたしだいです。

 

 

釣り方は脈釣りで餌は万能コンビニアオイソメ

早速釣れたメバルさん画像

 

という事で今回のミッションは「〇〇〇を使って釣る!」とか「〇〇〇を狙う!」とかといった明確な目標はなく、あくまでも魚の引きを堪能して溜まったうっ憤を晴らすというのが目的。

 

なので、魚との出会い確率がずば抜けて高い釣り方

 

アオイソメを使った脈釣り

 

コチラをやっていこうと思います。

 

という事で、サクッと道糸により戻しと針だけつけて仕掛けは完成。
早速アオイソメを付けて海に投入すると早速魚信!

 

早速釣れたメバルさん02画像

 

上がってきてのは15cmほどのメバルさん。

 

開始早々釣り上げることが出来たのでひとまずボーズは避けられて一安心です。

 

その後もサクサクと釣れること釣れること。

 

同じようなサイズのメバルが面白いように釣れてとりあえず魚さんとの戯れに満足しました。

 

 

子メバル以外の魚が釣れたらやめようと思ったんですが

メバルさん画像

 

とりあえずメバルラッシュでそこそこ楽しんだものの、欲が出てきてメバル以外を釣りたくなってしまったホゲ太氏。

 

残りのアオイソメは0.5杯ほどの量。

 

「メバル以外のいい奴釣ったら帰るかな〜」

 

なんて思ったのがいけなかった…。

 

そこから釣れるのはクサフグオンリー。

 

そもそも脈釣りは満潮前後が釣果のピークになる釣り方。

 

根岸港入りしたのが夜の20時程度で下げ3分程度だった。

 

そこから小メバルをしこたま釣っているうちに時間は経過し、現在下げ8分位になっている。

 

脈釣りでメインに攻める足元の水深は満潮時に3m程度あったものが現在は1.8m位しかない。

 

正直厳しい状況。

 

でも何とかしてメバル以外の魚に出会いたい!

 

等という自然を無視した欲求を追求した結果、残りのアオイソメを使い切りコンビニでお替りアオイソメを購入する羽目に。

 

追加購入したアオイソメも使い切りそうになった午前2時前。

 

潮は完全に干潮を迎えて上げ始まりの兆しが表れ始めているその瞬間。

 

 

ググググググッ!!!!

 

 

待望の魚信!

 

ほんの少しの抵抗を味わいつつ上がってきたのがコイツ。

 

キビレさん画像

 

20cmちょいの綺麗なキビレ

 

これでやっと満足することが出来、無事うっぷん晴らし終了。

 

ちょっと短時間だけやるつもりがなんだかんだで7時間みっちり釣行となってしまいました。

 

ただ、やっぱり楽しい脈釣り。
また行こう!